スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

 ずーっと ずっと だいすきだよ 

小1の娘の宿題に

「おんどく」

というものがある。

国語の教科書を朗読して親に聞かせる

というもの。

最近、娘が読んでくれる国語の音読。



「ずーっと ずっと だいすきだよ」

ハンス・ウィルヘルム著
久山太市訳 


エルフのことを話します。
エルフは世界で一番素晴らしい犬です。
僕たちは一緒に大きくなった。
でもエルフの方が、ずっと早く、大きくなったよ。
僕は、エルフの暖かいお腹をいつも枕にするのが好きだった。
そして、一緒に夢を見た。
兄さんや妹もエルフのことが大好きだった。
でもエルフは僕の犬だったんだ。

エルフと僕は毎日一緒に遊んだ。
エルフはリスを追いかけるのが好きで、ママの花壇を掘り返すのが好きだった。
時々、エルフが悪さをすると、うちの家族はすごく怒った。
でもエルフを叱っていながら、みんなエルフのこと、大好きだった。
好きなら好きと、言ってやればよかったのに、誰も、言ってやらなかった。
言わなくても、わかると思っていたんだね。  

いつしか、時がたっていき、僕の背がぐんぐん伸びる間に、エルフは太っていった。
エルフは年をとって、寝ていることが多くなり、散歩をいやがるようになった。
僕はとても心配した。 僕たちは、エルフを獣医さんに連れて行った。
でも、獣医さんにも、できることは何もなかった。
「エルフは年をとったんだよ。」 獣医さんはそう言った。
間もなくエルフは階段も昇れなくなった。
でも、エルフは僕の部屋で寝なくちゃいけないんだ。
僕は、エルフに柔らかい枕をやって、寝る前には、必ず、
「エルフ、ずうっと、大好きだよ。」 って言ってやった。
エルフはきっと分かってくれたよね。

ある朝、目を覚ますと、エルフが死んでいた。
夜の間に死んだんだ。
僕たちは、エルフを庭に埋めた。
みんな泣いて肩を抱き合った。
兄さんや妹も、エルフが大好きだった。

でも、好きって言ってやらなかった。
僕だって、悲しくてたまらなかったけど、いくらか気持ちが楽だった。
だって毎晩エルフに、「ずうっと大好きだよ。」 って言ってやっていたからね。

隣の子が、子犬をくれると言った。
もらっても、エルフは気にしないってわかっていたけど、僕はいらないって言った。
代りに、僕が、エルフのバスケットをあげた。
僕より、その子の方が、バスケットがいるもんね。
いつか、僕も、ほかの犬を飼うだろうし、子猫や金魚も飼うだろう。
何を飼っても、毎晩、きっと言ってやるんだ。

「ずうっと、ずっと、大好きだよ。」 って。



毎回、これを聞かされるたびに

実家で飼っていた愛猫 ミミのことを想う。

16年生きてたけど、

今年の6月に死んじゃった。


ミミは我が家にとって初めて飼う猫だった。

母が猫が苦手だったから、

飼えないはずだったけど、

なぜか飼えるようになって、ほんとにうれしかった。


ミミが家に来たのは、まだ10ヶ月くらいの子猫の頃で、

ちっちゃくて、くしゃみばかりして、鼻水をたらして、

なかなか警戒心が強くて

でも、めちゃめちゃ可愛いトラ猫だった。

子猫の爪は細くてするどくて、

私たちの手はいつも引っかき傷だらけだった。


だんだんなついてくると、

お気に入りの猫じゃらしをくわえてきて

遊んで欲しい人の前に、ぽとって落とした。

私を見上げる期待に満ちた目。

可愛かった。

寒い冬になると、

いつのまにか布団にもぐりこんできて、

腕枕してあげるとスースー寝息をたてて寝た。


実家を離れ、

たまに帰省すると

以前のように顔をすりよせて甘えてきた。


そんなミミが死んじゃった。


あんまり深く考えたくなかった。

考えないようにしてきた。

考えると涙はとまらなくて、

洗濯物を干しながら、ベランダで泣き崩れて

かっこ悪くてなかなか部屋に入れなかった。



私はミミに、

「だいすきだよ」って毎晩言ってあげられなかった。

最期もみとってあげられなかった。



いつか、私が死んだら、

ミミに会えるだろうか。

また、腕枕して

一緒に寝られるだろうか。




この場を借りて、

ミミちゃんへ



「ずーっと ずっと だいすきだよ。」


b_04.gif





スポンサーサイト




[ 2006/12/02 10:46 ] 雑記 | TB(0) | CM(5)

 

うるうる目になって読みました。
わたしも実家に14才のネコ(妹だと思っています)が
いるので、ミミちゃんの子猫のくだりなんか本当によくわかるし、期待した表情とか寝顔とか、可愛いしぐさが浮かんできて泣きそうでした。

ミミちゃんが天国で幸せでありますように。
[ 2006/12/02 16:24 ] [ 編集 ]

 初めまして

ランキングから参りました。

最初、お嬢さんの読み聞かせのお話、昨年、わが家の息子も同じお話を音読で練習していたので、どこも同じ教材を使っているのかな?と思ったのですが。。。

悲しみや寂しさって、だんだん膨らんでくるんですよね。私も思わず涙がこぼれました。
私も今年13歳になる猫さんが実家にいます。
そろそろおじいちゃん振りにも拍車がかかってきていますので、いつかはサヨナラしなくて歯ならないのですが、ネットのお友達を通して、『虹の橋』のお話を知ることが出来ました。
だからといって、悲しみや寂しさが消えるわけではないのですが、その虹の橋のたもとで、きっとミミちゃんがまさっぷさんの「大好きだよ」の言葉をきいているに違いありません。

もし興味がおありでしたら、「虹の橋」で検索をなさってみてください。(別に新手の宗教ではありません)

無責任な書き込みと思われるのも辛いので、わたしのURLも置いてまいります。
長文、失礼いたしました。
心の穴が、少しずつでもふさがりますように。。。
[ 2006/12/02 20:24 ] [ 編集 ]

 

こんばんは。
うちにも猫がいるので読みながら泣いてしまいました。
私達よりこの子はきっと先に逝ってしまいます。
いつか私も天寿を全うした時は、またこの子と会えると
信じていますよー。
まさっぷさんもミミちゃんときっと会えますよ。
猫じゃらし持って、きっと待っていると思いますよ♪
[ 2006/12/02 21:39 ] [ 編集 ]

 

私も子供の頃からペット(犬)を飼っておきながら最期は実家を出ていて看取ってあげられなかったので読んでいて込み上げて来るものがありました。
同じように初めの頃はあまり深く考えないようにしてましたが時々ふと一緒に時を過ごして楽しかった頃を思い出したり、あまり構ってあげられなくなってごめんね、とか病気の事とか後悔したり。
でも私もいつかそこに行くから待っててくれるかな?って妄想したりしてました。
一緒に居るだけで幸せにしてくれたペット達は天国でも幸せに暮らしてると思ってます。
ミミちゃんもきっと幸せであると願ってます。
[ 2006/12/03 00:27 ] [ 編集 ]

 お返事

>こつむぎさん

ありがとうございます。
14歳のご実家の猫ちゃん、元気で長生きして欲しいですね。
私も、ミミは、息子であり、弟であり、恋人であり、友人であり、そして家族でした。
うん、きっと天国で待っていてくれるんだと
願っています。
あ・・・私は天国にいけるのかな?(笑)
コメント、ほんとうにありがとう。

>mikaさん

あたたかいコメント、ありがとうございます。
虹の橋の話、私も他のブロガーさんの所で読んだことがあって、
泣いちゃいました・・・。
この記事を書いている間も、
書いた後も、
読み返しては泣いて、
思い出しては泣いて・・・
もう、まぶたが腫れ上がっちゃってますが、
こうやって
時々
思い出してあげるのも
大事なことなのかなって。
ご実家の猫ちゃん、元気で長生きしてくれますように祈っています。
ホントに、コメントありがとうございました。

>しゅーるさん

しゅーるさーん
猫じゃらし持って、きっと待っているなんて・・・
もう・・・
また泣いちゃいました~。
期待に満ちた目で、猫じゃらしくわえて、
まっててくれてるかなあ。
コメントほんとうにありがとう。


>苺ちょこさん

うんうん、最期をみとってあげられなかった無念さ、わかります。
6月から、ずっとあまり考えないようにしていたんだけど、
こうやって、思い出してあげるのも
また、供養なのかなってちょっと思っています。
きっと、何年たっても、思い出はつきなくて、
たぶん、何年たってもナミダガでるとおもうけど。
あたたかいコメント、ほんとうにありがとう。
[ 2006/12/03 19:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://masapoor.blog75.fc2.com/tb.php/78-1f7e56b2








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。